胃ガン・大腸ガンの治療(2)

ここでは
胃・大腸ガンにスポットを当てて、
ご説明します。

胃・大腸ガンの場合も、
治療法を選ぶときの考え方は、
他のガンと同様です。

  前回お話した通り、ポイントは、

■ガンの進行具合
   そのガンの性格・性質
2つです。

 

進行具合いに関しては、
各症例ごとで異なります。

では、

胃・大腸ガンの性格・性質
とはどんなものなんでしょうか?

当然、例外もありますが、

ガンとしての基本的な性質は、

②抗がん剤:そこそこ有効
③放射線治療:いまいち効きが悪い

となります。

そして、
最もからだの負担が少なく、
有効性が確実な治療法
は・・・

 

やはり、

①:切る(切除)となります!!!

 

少し説明を加えるなら、
取り残しのない確実な切除」です。

sick_syujutsu

 

では、その具体的な方法ですが、

1)ピンポイントで小さく取る
2)病変の周囲ごと大きく取る

の2パターンがあります。

もう少しわかりやすく言いますと、

ガンがある部分に対して、

1)内側から、最表層の一部だけ
を切り取る(内視鏡的切除:EMR、ESD治療など)

2)外側から、全層もしくは、その周囲ごと
切り取る(腹腔鏡・開腹手術:いわゆる外科手術

となります。

そして、
当院を含めた消化器内科(胃腸・内視鏡内科)で取り扱う治療は、

①-1)最表層の一部だけを切り取る治療で、

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)で治療します。
kenkoushindan_ikamera

 

内視鏡治療では、
通常の胃・大腸カメラ検査と同様に
くち・肛門からカメラを入れて、
内側から切っていきます

 

現在、
広く行われている内視鏡的治療には、
以下の2つがあります。

EMR(内視鏡的粘膜切除)
 :小さめの大腸ポリープなど
 ⇒ 通常は数日の入院が必要
(当院では症例を選んで、日帰り手術を行っています)
  ※詳細はコチラESD(内視鏡的粘膜下層剥離)
 :比較的大きく、浅めの早期の胃・大腸ガンなど
 ⇒ 設備が整った病院で、約1週間ほどの入院が必要
(当院では行っていません

少しイメージがしやすいように、
ここではイラストではなく、

実際に私が治療した時の内視鏡写真で説明していきます。

 

EMR(内視鏡的粘膜切除)
胃でも行うことはありますが、
ほとんどは大腸ポリープに対して行わなれます。
( ⇒ ※詳細はコチラ

0006_040207321156_20141210150206_330960475mm大の大腸ポリープ

①まず、ポリープの下に液体を注射して、プゥーっとポリープごと盛り上げます。
局注(きょくちゅう)といいます。

こうすることで、切除した時に、大腸に穴があく(穿孔)するのを予防します。
0008_040207321156_20141210150206_33096049局注後

②次に、
スネアと呼ばれる細い針金の輪っかを
ポリープにかぶせて、ギューっと締めて
いきます。

そして、通電してジュッと焼切ります。

取り残しがないよう、少し正常な粘膜ごと切り取るのが理想です。

※ちなみに、
大腸粘膜には痛覚はないので、
切るときに痛みはありません

0010_040207321156_20141210150206_3309604bスネアリング中

0012_040207321156_20141210150206_3309604d切除(EMR)後

③切った部分には、丸い形にキズができます(粘膜欠損)。

それをクリップというホッチキスみたいなもので、パチン・パチンと創を縫縮(キズを寄せて止める)をして終了です。

クリップをまったく使用しない施設もありますが、

どちらが良いかは正確には証明されていません。
0025_040207321156_20141210150206_3309605aクリッピング後(終了)

 

 

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離)
こちらは浅い早期胃癌や、
EMRでは大きすぎて取りにくいような早期大腸癌・表在型食道癌などに行います。

胃・大腸などの粘膜は、
細かく分けると5層に分けられますが、

表層(内側)から3番目の層を「粘膜下層」といいます

この3番目の層の深いところをザクザク切って、

ガンのいる1番目・2番目の層を剥ぎ取っていきます。

これが「粘膜下層剥離:ESD」です。

文章にすると、
まるで神業(かみわざ)のように聞こえますが、

やってみると、意外とサクサクできます。

もちろん簡単ではありませんが、
「言葉にするより、切るが易し」といった感じです。

0093_040207321156_20131226111305_33081214奥行の長径が8cm以上ある大きな平坦ガン病変

①こちらは内視鏡用の電気メスのような器具を使用します。

まずは病変の周囲にマーキングという印を焼きながらつけていきます。
0025_040207321157_20140303133441_3600b3f3

②それを目印にして、
3番目の粘膜下層まで切っていき、
その層の深さに合わせて、
その上のガン部分を少しずつ剥ぎ取ります。

0061_040207321157_20140303133441_3600b417

③本例のようにかなり大きなキズ(直径10cmほど)になりますが、

1-2日で食事が食べられ、
1週間ほどで退院可能です。

大きさにもよりますが、
キズは約2ヶ月ほどできれいに治ります(キズアトは残ります)。

0040_040207321156_20140303192540_33084948切除標本

0010_040207321156_20140313115602_330854f4切除後の創部(人工的な潰瘍)

0032_040207321129_20140508094901_34088d742ヶ月後(大きなキズだったので、まだ不完全治癒)

0008_040207321156_20140821094622_3308ec9a半年後(完全に治癒)

 

以上の2つが内視鏡的治療の2本柱になります。

後述する外科手術よりも体の負担が少なく、素晴らしい治療なんですが、

※内視鏡治療ができるかどうかは、

実は、
ガンが見つかった時点で、
ほぼ決まっています

このあたりは、次回、説明いたします。

ご興味のある方は、
<胃・大腸がんシリーズ>
死亡率 原因(成因)
 予防 症状① 症状② 
治療① 治療③

もご参照下さい。

★まずはご自身の健康に関心をもち、簡単な検査からでいいので、検査を受けましょう!!

当院は
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
専門施設です。

経験豊富なスタッフ
内視鏡専門医、内視鏡専門技師
と、
最新の医療機器・設備を整えて、
あなたをお待ちしています!

doctors_people

※詳細はコチラをご参照ください
 ⇒ 当院ホームページ
カテゴリー: お知らせ, 胃ガン・大腸ガンの治療(2) パーマリンク