胃ガン・大腸ガンの症状(具体的な症状の補足、緊急時)

前ログを見て下さった方々から、

具体的な症状を教えてほしい」

とのご要望がありましたので、

少し追加・補足しておきます。

当院ホームページにも掲載してますが(コチラ)、

今回は、
主に胃ガン・大腸ガンのみに絞って
具体的にご紹介いたします。

以下の項目が3つ以上あれば、胃カメラ・大腸カメラをお勧めします。

(★共通症状が3つ以上の方は、胃・大腸カメラを両方受けましょう!

当院では 胃カメラ+大腸カメラ の同日セット検査も行っています!!
(※詳細はコチラ⇒当院の内視鏡

<胃がん・大腸がん:共通

  • 肥満・糖尿病がある.
  • 血縁者に胃/大腸癌にかかった人がいる.(家族歴
  • いまいち食欲がでない.
  • 周囲から痩せたと心配される.(ダイエットなしに体重が落ちた)
  • 食後におなかが張り、げっぷ・おならが良く出る.
  • 食後に吐く.
  • おなかに「しこり」が触れる.
  • からだがダルく、きつい.
  • 35歳以上だが、一度も胃透視・便潜血検査・胃/大腸カメラを受けたことがない
  • 喫煙している

<胃がん>

  • 以前、ピロリ菌がいるといわれ、除菌治療を受けていない.
  • ピロリ菌の除菌治療をしたが、その後菌が消えたかどうか検査していない
  • ピロリ菌除菌成功後、定期的に胃カメラを受けていない
  • ときどき黒い便が出ている.(海苔の佃煮みたいな便)
  • 以前、胃潰瘍といわれたことがある.
  • みぞおちが痛む.(胃痛)
  • 胃もたれ・胃部不快感があり、すっきりしない.
  • 飲酒量が多い(毎日飲む)、飲むと顔が赤くなる.
  • しょっぱいもの・辛いものをよく食べる(つまみなど).
  • 最近、口臭がきついといわれる.

<大腸がん>

  • 以前、大腸ポリープとった/とらなかったけど、定期的に検査していない
  • 野菜・魚よりも肉をよく食べる(ジャンクフードなど):欧米型の食生活
  • 最近、まったく運動していない
  • おならがたまって、おなかが張る
  • 最近便秘がひどくなった
  • 最近、便が細長くなった
  • 便・ティッシュに赤い血がつく、赤黒い色の便(レンガ様)がでる
  • 下痢・便秘を交互にくりかえす

■急を要する症状(緊急)
胃も大腸も消化管(しょうかかん)と呼ばれる1本のトンネルですから、
そこに癌ができて、急を要するパターンはほぼ決まっています。

具体的には、以下の3パターンです。

①つまる:消化管閉塞
 ・胃ガン:食べると吐く、すぐおなか一杯になり食べれない
 ・大腸ガン食べなくても吐く(腸液、便汁)、ガスも便も全くでない
   → いわゆるガン性腸閉塞(イレウス)です

②やぶれる:消化管穿孔(せんこう)
 ・胃ガン:みぞおち近くの激痛(限局性腹膜炎)
 ・大腸ガントイレでいきんだ直後から、へそ下あたりの激痛(汎発性腹膜炎)
   → 大腸の場合、ほぼ緊急手術になります!

③血が出る
 ・胃ガン:吐血(コーヒー色~赤色)、黒い便がでる
 ・大腸ガン:下血、血便(赤~紫色)
   → 出血の場合、胃の方が血流が豊富なため、重症になりやすいです

この3つは緊急と考え、
救急車を呼んででもすぐに病院へ行ったほうがよいでしょう。

★ほぼ緊急入院が必要で、場合によっては緊急手術になることもあります。
(必ず入院の用意をして、絶食で、
ご家族と一緒に行きましょう!)

いきなり胃カメラ・大腸カメラの検査に抵抗がある方はまずは簡単な検査から受けてみると良いと思います。

それだけで診断はできませんが、
(必ず入院の用意をして、絶食で、
「きっかけ」にはなります。

たとえば、
 ・便潜血検査(検便:便を提出するだけ)
 ・血液検査腫瘍マーカーはエコー・カメラ後にしか検査できません
 ・腹部エコー(おなかにゼリーを塗って、暗い部屋で検査)

などです。

何もしないよりははるかに良いですし、他にも思わぬ病気が見つかることもありますよ。

★なにか気になることがあれば、まずは御相談下さい。

次回は胃ガン・大腸ガンの治療についてご説明する予定です。

ご興味のある方は、
<胃・大腸がんシリーズ>
死亡率 原因 
予防 症状① 
治療① 治療② 治療③

もご参照下さい。

★まずはご自身の健康に関心をもち、簡単な検査からでいいので、検査を受けましょう!!

当院は
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
専門施設です。

経験豊富なスタッフ
(内視鏡専門医、内視鏡専門技師)
と、
最新の医療機器・設備を整えて、
あなたをお待ちしています!

一番上に戻る
求人募集 24時間WEB予約 事前WEB問診
一番上に戻る
事前WEB問診求人募集