胃潰瘍

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは潰瘍は繰り返す炎症などによって胃粘膜の一部が欠損した状態です。傷が浅い場合は「びらん」と呼ばれ、深くなると「潰瘍」と呼ばれます。胃には強力な酸性の胃酸や消化酵素が分泌されていて、食物の消化や口から入ってきた細菌の殺菌という役割を担っています。胃粘膜は通常、粘液に守られているため胃酸や消化酵素によって溶かされることはありませんが、粘液が不足したり、胃酸の量が多くなり過ぎると、胃粘膜が消化されてしまいびらん・潰瘍などの粘膜傷害を生じます。そのため、「良性」の胃潰瘍は「消化性潰瘍」とも呼ばれていますが、注意しなければならないのは、胃ガンによる「ガン性胃潰瘍」で、基本的にはどちらも同じような症状となるため、症状では見分けはつきません。
胃酸の量を含む、胃腸など消化管の機能は自律神経によってコントロールされるため、ストレスなどによる影響を受けやすく、ストレスによって胃酸は多量に分泌される傾向があります。几帳面で責任感が強いとストレスによる胃潰瘍を発症しやすいとされているのも、こうしたことによります。

症状

  • みぞおちの痛み
  • 吐き気や嘔吐
  • 体重減少、食欲不振
  • 吐血・下血
  • 貧血症状(立ちくらみ、動悸、息切れ・・・など)
  • タール便(黒い便)

上腹部の「みぞおち」周辺に痛みを感じるという症状が最も多くなっています。食後に痛みを起こすことが多く、食べ過ぎると長時間、胃の不快感が続きます。逆に空腹時の胃痛は十二指腸潰瘍で起こりやすい傾向があります。ただし痛みの強さは潰瘍の程度とあまり関連しておらず、胃壁が穿孔を起こすまで自覚症状がほとんどないというケースも存在します。
吐き気や嘔吐は胸焼けが強くなって起こることが多く、吐き気が強くなって食欲不振になり体重が減少するという症状を起こすこともあります。
潰瘍からの出血が多くなると、吐血や下血を起こすこともあります。血液は胃酸で参加されると黒色~褐色に変色するため、吐血ではコーヒー様の吐物となり、下血では黒いタール便になります。また、出血が増えると貧血による立ちくらみ・動悸・息切れなどを起こして胃潰瘍が発見されることもあります。
他にも、背中や腰の痛みが起こったり、胸焼けや酸味の強いゲップといった逆流性食道炎のような症状が起こることもあります。
なお、上記のような症状は良性の消化性潰瘍でも、悪性の胃ガンによる潰瘍でも同様に起こります。そのため、こうした症状に気付いたらできるだけ早く粘膜の状態を検査することをお勧めします。

原因

胃潰瘍は7割以上がピロリ菌感染によって起こっているとされています。次に多いのは痛み止めや解熱剤として使われる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やステロイドなどの長期服用によるもの(薬剤性胃潰瘍)です。コーヒー、アルコール(飲酒)、タバコ(喫煙)、食べ過ぎ、飲み過ぎ、唐辛子など刺激の強い飲食物などもリスク要因です。また、自律神経のバランスを崩すと消化器のコントロールも乱れてしまうため、ストレスも発症に影響します。

治療

治療胃潰瘍は出血している場合も内視鏡検査で止血処置が可能です。また、潰瘍は薬物療法で症状を改善しやすいのですが、症状がなくなった時点で治療を中断してしまうと再発を繰り返して潰瘍を悪化させてしまうため、医師の指示を守って治療をしっかり続けましょう(原則、6~8週間の薬物治療が必要です)。
また、再発しやすいため根本的な原因にアプローチした治療も重要です。ピロリ菌が陽性の場合には、抗生剤などを1週間服用する除菌治療に成功することで再発を防止できますが、ピロリ菌:陽性で胃潰瘍がある場合、胃潰瘍の治療とピロリ菌の除菌治療を併用すると、胃潰瘍の治癒が遅れることが分かっており、まず胃潰瘍の治療を行い、胃潰瘍が治った後にピロリ菌の除菌治療行うことが推奨されています。「男性」「ピロリ菌:陽性」「胃潰瘍」が揃うと、胃ガンが高率にみられることも知られています。服用する薬剤によって生じている場合には、処方の変更などを検討します。生活習慣が原因になっている場合には、生活習慣の改善なども必要になります。

また、薬物治療により、良性の消化性潰瘍はもちろん、胃ガンによるガン性潰瘍も一旦は軽快・治癒してしまいます。ですが、当然ながら、ガン性潰瘍の場合、潰瘍は治癒してもその原因である胃ガンは完治することはなく、徐々に進行します。きちんとした検査をせずに薬物治療のみで症状を抑えてしまうと、胃ガンを見逃すことになるため、胃潰瘍の治療後は、原則、胃カメラでの定期的な経過観察・生検による精査が必須です。

一番上に戻る
求人募集 24時間WEB予約 事前WEB問診
一番上に戻る
WEBチャット問診外来・内視鏡WEB予約