ピロリ菌

ピロリ菌とは

芸能人やマスコミの影響もあり、最近ではお問い合わせも多く、一般の方もピロリ菌に高い関心があるようです。
ピロリ菌は持続感染することにより、胃酸の分泌に影響を与えて胃炎を起こして、胃ガン、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、鳥肌胃炎、胃MALTリンパ腫、胃過形成性ポリープなどの原因になることがわかっています。

日本ヘリコバクター学会によると、ピロリ菌がいない胃から発生する胃ガンは1%未満とのことです。つまり、99%以上のほとんどの胃がんは「ピロリ菌」と関連して発症すると考えられています。
他にも、30-40歳代の若い女性のスキルス胃ガン(鳥肌胃炎+未分化癌)にも関係しているとされ、若いうちからの除菌療法が推奨されています。同学会では今後、小学校の検診尿検査でピロリ検査をすることなども検討中のようです。
当院院長はピロリ菌感染症認定医であり、早期のピロリ菌の除菌治療に力を入れております。

ピロリ菌に関係する病気は?

ピロリ菌とはピロリ菌に感染すると、ほとんどの場合はピロリ菌感染胃炎(萎縮性胃炎)を発症します。ただしこの段階では症状を起こすことはありません。慢性胃炎の悪化、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃過形成性ポリープ・胃MALTリンパ腫・特発性血小板減少性紫斑病の発症などによって症状を自覚します。また、胃ガンが発見された方の99%はピロリ菌に感染しているという調査結果もあり、ピロリ菌感染者の約5~6%に胃ガンが発生すると指摘されています。
ピロリ菌を除菌することで炎症や潰瘍の再発を防止できるため、日本では2000年に胃・十二指腸潰瘍に対するピロリ菌除菌治療が保険適用となっています。また、2013年にはピロリ菌感染がある方の慢性胃炎に対しても除菌治療の保険適用が可能になっています。

ピロリ菌の感染について

感染経路については、以前は井戸水などが指摘されていましたが、現在は5歳までの小児期に両親・祖父母からの唾液感染(口移し、同じ箸で食べさせるなど)が主な感染経路だとされています。とある調査では、ピロリ菌の家族内発生を詳細に調査したところ、①母親、②祖母、③祖父、④父親の順番で感染源になっていた、と報告されています。要は子供さん・お孫さんのお世話をしている頻度順に感染源になっていたということです。日本人のピロリ菌感染率はピロリ菌除菌治療の普及後、急速に減少傾向にありますが、いまだに50歳以上では50~70%と、高齢者になるほど高率といわれています。
成人になると免疫や胃酸が強くなっているため、ピロリ菌に感染しても、自身の免疫力でピロリ菌を排除(ピロリ自然排除パターン)するため、持続感染することは少なくなりますが、それでも一定率で胃ガンの発ガン率は残ります。現在、ピロリ菌が「陰性」という検査結果だけでその多くが見過ごされていますが、要は「ピロリ菌による影響がどの程度残っているか?」が最も重要で、その程度によって、胃ガンの発ガン率も変わってきます。内視鏡専門医であれば、ピロリ菌による影響の有無・その程度はすぐに判定できますので、ピロリ菌がいるかいないかを検査するだけではなく、その意味合いを総合的に評価・判定できるような専門施設で検査されることをお勧めします。水道が整備されて衛生状態が良くなった日本では若い世代の感染率が低下傾向にあります。

ピロリ菌の検査方法

胃カメラ検査の際に、胃の細胞を採取して、感染の有無を確かめることができます。同時に最も重要な胃ガンがないかどうかや、その後の発ガンリスクに直結する胃粘膜の状態(萎縮性胃炎の程度)もしっかり調べられるため、状態に合わせた適切な治療が可能になります。
現在は内視鏡検査で胃ガンや胃潰瘍・十二指腸潰瘍、そして慢性胃炎が確認された場合に、保険適用でピロリ菌の除菌治療を受けられるようになっています。適用範囲が拡大されて、より幅広い方がピロリ菌除菌治療を気軽に受けていただけるようになっています。
当院では内視鏡検査以外に、血液抗体検査、便中抗原検査、尿素呼気検査、尿中抗体検査などのピロリ菌感染検査も可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

ピロリ菌の除菌治療について

ピロリ菌の除菌治療について発ガンの原因であるピロリ菌を消してしまうことで、胃ガンの発症・再発を減らそうという治療が、『ピロリ菌の除菌療法』です。
ピロリ菌の除菌治療では抗生剤2種類とその効果を高める胃酸分泌抑制剤1種類、合計3つのくすりを1週間飲むだけです。除菌治療は必ず成功するものではなく失敗することもありますが、2015年にカリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)(一般名「ボノプラザン」)というお薬の登場により、除菌治療の成功率が90%以上に向上しています。
また、最初の除菌治療に失敗した場合、抗生剤を変更して2回目の除菌治療も保険適用で行うことができます。1回目と2回目を合わせた成功率は97~99%程度です。

除菌治療の注意点

除菌が成功したかどうかの判定は、薬の服用から一定以上の期間をあけないと正確な結果を得られません。当院では服用を終了して約2ヶ月後に除菌判定の検査を行っています。
除菌に失敗した場合の2回目の除菌治療では、メトロニダゾールというお薬を使用します。この薬剤は飲酒によって副作用が強く現れ、除菌成功率が下がってしまうため、2回目の除菌治療で薬を服薬している間は、禁酒を厳守してください。
また、高齢者に関して、いったい何歳までを対象に除菌治療をするか?・・・については議論が分かれていますが、前述したように、夫婦で共働きが多い昨今、高齢者はお孫さん(5歳以下)のお世話をする機会が多く、唾液を介してピロリ菌をうつしてしまう可能性がありますので、家族内感染予防の観点から、日本ヘリコバクター学会では可能な限り、高齢者の除菌治療が推奨されています。

一番上に戻る
求人募集 24時間WEB予約 事前WEB問診
一番上に戻る
WEBチャット問診外来・内視鏡WEB予約