ピロリ菌 の検査 治療 について(胃癌の予防)

ピロリ菌の検査、除菌治療

でお悩みの方へ。

最近よく耳にするし、気になるけど、
検査や治療がどんなものなのか、
どこで受けられるのかわからない.

とお悩みの方へ。

今回は「ピロリ菌の検査、治療」について説明いたします。

 

■ピロリ菌 について

正式には ヘリコバクター・ピロリ菌 といいます。
ピロリ1

この細菌のスゴイところは、ほとんどの細菌が死滅してしまう胃酸だらけの胃内で、自らその胃酸を中和することで生きていくことができる・・・ところです。

しかも、
胃酸分泌に影響を与えて胃炎・胃/十二指腸潰瘍を起こしたり、
さらに遺伝子にも影響を与えて、発がんを引き起こします!!

つまり、「胃癌の発生機序」 は

ピロリ菌感染 ⇒ 萎縮性胃炎 ⇒ 胃がんの発がん 

 となります。
学会によると、
99%以上の胃癌はピロリ菌に関連して発生する!
とされています。

※逆にいえば、
ピロリ菌がいなければ、胃癌の発生は1%未満!!
だということになります。

日本人の約半数がピロリ菌に感染しているとされ、
高齢者ほど高率(年齢-10%だといわれています。

(※詳細はコチラ ⇒ 胃癌の成因

syokuyoku_nai_ojiisan

■ピロリ菌感染(萎縮性胃炎)の症状

ときに、
胃痛・胃もたれ・おなかの張り・食欲不振・・・
などが出現する場合もありますが、

実は、無症状のことも少なくありません。

(※詳細はコチラ ⇒ 胃癌の症状① 胃癌の症状②

body_i_bad

 

■ピロリ菌の検査
①尿素呼気テスト(薬を飲んで息を検査)
②ピロリ菌抗体(血液検査
③胃粘膜の採取による迅速ウレアーゼ検査(胃カメラ時)
④尿中/便中抗原
⑤鏡検(採取した胃粘膜を直接、顕微鏡で見る)
medical_pirori_kokikensa

注意点として、

★これらの検査は6ヶ月以内に胃カメラを受けていないと、
保険診療の適応となりません(後述する除菌治療も)

ですので、最も効率的なのは、
胃カメラ時に③で検査して、除菌治療して、菌が消えたかどうかを①で検査するという流れになります(実際、当院でもこの方法です)。

※②は採血で検査可能ですが、菌が消えたかどうかの確認までに半年以上かかるため、あまり効率的ではありません。

 

■ピロリ菌の治療(除菌治療)

治療は意外と簡単で、3種類の薬を1週間飲むだけです。
kusuri_nomu

ただし、1回目の治療では約90%の成功率ですので、10人に1人は除菌不成功となります。

その場合は、はじめの薬のうち、1種類を変えて、再度、1週間飲んで頂きます(成功率97-98%ほど)。

それも除菌できない数%の方は・・・
残念ながら保険適応外で3回目の治療をするかどうか・・・となります。
(実際には高額となるため、行うことはまれですが、当院でも可能です)

 

 

■ピロリ菌の除菌成功後 について

ここは大変重要で、学会でも話題になっている点です!!

「ピロリ菌が消えたあとは胃ガンは発生しないか?」 ということですが・・・

残念ながら・・・

答えは 「NO」 です!!

なぜなら、ピロリ菌が感染してから、除菌されるまでの間に、
遺伝子レベルで悪さをするため、それが一生残るのです

ですから、
早期に除菌治療した方が、より効果的に、その後の胃がん発生率を下げること(予防)ができ、

かつ、

除菌後は必ず定期的に胃カメラを続けていく必要があります!
(※逆に除菌した人は胃癌ハイリスク群ということもできます)

実は、除菌治療が始まった当初は、
除菌治療後は胃ガン発生がゼロになると考えられていたため、
当時、除菌後から全く胃カメラを受けなくなった方の胃ガンが、
近年たくさん見つかり始ており、大きな問題になっていますここは重要なので繰り返しになりますが、
★除菌成功後は毎年の胃カメラ検査が必要です!!

当院は内視鏡検査
(胃カメラ・大腸カメラ)
の専門施設であり、
私はヘリコバクター学会のピロリ菌感染症認定医です。

当院では「胃ガン予防」として、
ピロリ菌の除菌治療に力を入れています!

経験豊富なスタッフが、
最新の医療機器・設備をそろえて、
あなたをお待ちしています!

doctors_people

※詳細はコチラをご参照ください
 ⇒ 当院ホームページ
カテゴリー: お知らせ, ピロリ菌の検査 治療(胃癌の予防) パーマリンク