院長あいさつ

4代目院長/酒井 健  副院長/酒井 清太郎(3代目院長)

はじめまして、院長の酒井健(さかい たけし)です。基山の地で医業を続けて100年以上、私は4代目の院長となります。


院長・酒井からのご挨拶です。「再生時間2:26」
再生ボタンを押すと動画が始まります。
(※音が出ますのでご注意ください)


ここでは、
私の医師としての経歴と、
診療に対する考え方(診療理念の基盤)ができるに至った経緯について説明します。

【院長プロフィール】

2004年
3月
久留米大学 卒
同年5月~独立行政法人国立病院機構
 長崎医療センター(初期研修)
2006年
4月~
同上(後期研修)
 救命センター専属レジデント
 各内科ローテーション
2007年
11月~
長崎県離島医療圏組合
 対馬いづはら病院
2010年
4月~
久留米大学病院 消化器内科 入局
2012年
11月~2015年
6月

福岡県 済生会二日市病院
2015年
8月24日
さかい胃腸・内視鏡内科クリニック
 院長就任

【院長 専門医・資格各種】

  • 家庭医療専門医
     (日本プライマリ・ケア連合学会)
  • プライマリ・ケア認定医
     (日本プライマリ・ケア連合学会)
  • 内科認定医(日本内科学会)
  • 胃腸科専門医(日本消化管学会)
  • 消化器内視鏡専門医
     (日本消化器内視鏡学会)
  • ピロリ菌感染症認定医
     (日本ヘリコバクター学会)
  • 消化器病専門医(日本消化器病学会)
  • 肝臓専門医(日本肝臓学会)
  • 認定産業医(日本医師会)

診療理念

1.プロ意識を持ち、患者サービスの質の向上に努めます(患者サービス) <br>
   2.心安らぐ空間で、専門的な医療サービスを提供します(医療サービス) <br>
3.身近なかかりつけ医として、個々の健康問題に取り組みます(地域医療) <br>
4.当院に関わるすべてのみなさまの人生が豊かになるよう努めます(当院の存在意義)

1.患者サービス

医師・看護師・受付事務に至るまで、スタッフ一同、医療従事者としてのプロ意識を忘れずに、心をこめて患者さん主体の医療を提供します。

2.医療サービス

心安らぐ空間で、スタッフ職員も含めた利用者全員が、心身ともに癒されるような環境づくりに努めます。また、からだにやさしく、苦痛の少ない専門的な内視鏡治療・検査を提供します。

3.地域医療

地域保健の窓口として、身近な健康相談~高度専門医療まで、幅広い健康問題に取り組みます。

4.当院の存在意義

患者さんだけではなく、当院で働く職員スタッフにも幸せになって頂くことが、患者さんを幸せにする近道だと考えています。

診療理念ができるまでの経緯・背景

ここでは、
「どのような経緯・背景」から、
このような考え方にいきついたのか、

ご説明します。

少し長くなりますが、
当院を知る上では欠かせない重要なお話になりますので、

少しだけ、昔話にお付き合いください。

それから、
私は便宜上、「患者様」という言葉を使うこともありますが、基本的にはあまり使いません。
「さま」を付けると、お客様的な要素が強い気がして、あまり好きになれないのです。

私は医師が偉いともまったく思いませんし、
医療現場では、少なくとも医師・患者は
「人間 対 人間」の対等な立場
であるべきだ、

という思いがあるので、

「お医者さん」と「患者さん」でいいと思っています。

ということで、
本ページでは「患者さん」で統一いたします。

序章

さて、

ここ10数年で医師の研修システムは大きく変化しました。
(※2004年度から、全ての研修医は、はじめの2年間は内科を中心に様々な科をローテンション研修することが義務化され、専門領域に進むのは3年目以降となりました)

その影響も多少ありますが、
医師としての私の経歴は少しユニークで、
一般の医師のそれとは少し異なっています。

(プロフィールを参照)

目標の模索

私は幼い頃から、
医師として働く父や祖父の背中を見て育ち、

いつしか、
「将来は彼らのような町医者(地域のかかりつけ医)になりたい」
と、ぼんやりと考えるようになっていました。

そして、
医師を志し、医師免許取得後、
はじめにぶつかった疑問

「地域で最も必要とされるかかりつけ医とは、どのような医師なのか?」
 
「そこへ近づくためには、いったいどんな医師を目指せばいいのだろう?」


というものでした。

祖父・父の時代から、
1人の医師が開業するまでのパターンは、
ほぼ決まっていました。

医師国家試験に合格して医師免許を取得後、
まず大学病院で数年間研修し、
数年ごとに中規模の一般病院をいくつか回り、
その後、大学病院へ戻って、医学論文を書き、博士号・専門医資格を取得後に開業する・・・

というのが一般的な王道パターンでした。

さかい胃腸内視鏡内科クリニック しかし、
大学病院を中心に研修すると、高度な専門領域の研修ができるその一方で、
選んだ科によっては、専門領域に大きなかたより・バラつきができてしまい、

専門外領域の知識・技術・経験に大きなムラができてしてしまう

というジレンマがつきものでした。

たとえば、
自分の専門領域の難しい研究論文をたくさん書き、誰もが知るスゴい研究をしているのに、

ただの風邪の患者さんが目の前に来たら、きちんと診察・治療することができない・・・

ようなイメージです。
(あくまで、ただのイメージです)

目標設定と一大決心

学生時代からその研修システムのあり方に疑問をもっていた私は、

ある時、どこからか耳に入ってきた、
海外の医療システムに興味を持ちました。

当時の私にとって衝撃的だったのは、
医療保険制度の違いはさておき、

『欧米では、体調不良がある全ての患者さんは、まず自分のかかりつけの家庭医(ホームドクター:以下、家庭医と略)を受診する』
というシステムでした。

年齢・性別・体調不良の種類や部位を問わず、全員です。

小児~妊婦、高齢者まで、
おなかが痛かろうと、けがをしようと、皮膚にできものができようと、

とにかく、

みんな「まずは家庭医から」なんです。

そして、
必要があれば、
「その家庭医を通して専門医療機関へ紹介される」医療システムが確立されていて、

逆に、
「自分が希望する専門医療機関をダイレクトに受診することは、基本的にはできない」
ということでした。

そこでは、
すべての健康問題の窓口が「かかりつけの家庭医」
で、

あちらでは、
引っ越し後にまず行う作業の一つが、自分とその家族がかかりつけとなる家庭医を決めることだといいます。

この話を聞いて、
私はこの海外の家庭医(ホームドクター)なるものが、

「自分が目指すべきものに近いのではないか?」
と思い始めました。

ある程度自分が進むべき方向が見えてきた時点で、次の問題にぶつかります。

当時の(現在もそうですが、)
日本にはその家庭医のシステムはなく、

実際は、
その地域で開業した各科の専門医師たちが、
その家庭医の代役を担っている

という状況でした。

つまり、
家庭医になるための研修システム・プログラム自体がなかったのです。

手に入る少ない情報のなか、
なんとか家庭医としての知識・技術を身につけるための方法を必死にさがした結果、
具体的に2つの方法にたどり着きました。

1つは、
『家庭医制度が確立されている海外で研修』


そして、

もう1つは、
『人的・物的資源が限られた離島・僻地医療研修』


でした。

さすがに、
いきなり海外での研修は敷居が高く、どうしたものか迷っていましたが、

幸い、
初期研修病院の長崎医療センターが、長崎の複数の離島と連携していたため、


離島医療を通じて家庭医療を学ぶことを決意しました。

開業医を目指す若手医師のなかで、
離島に飛び出した医師は、
私の知り合いには誰一人おらず、

正直、私にとっては人生の一大決心でした。


離島・対馬へ

いざ、離島へ行くと決めると、
そこからの研修には自然と気合いが入ります


独りで診療するわけではないと聞かされても、
未知への恐怖から、必死に勉強し、
実戦をイメージしたトレーニングを繰り返します。

長崎医療センターは、多くの離島への応援医師を送り出していた実績があり、

その研修・教育にも熱心で、指導力に長けた先生方が多かったため、大変充実した研修を送ることができました。

離島だけに、
独りで窮地に立たされるような場面(実際にはほんの数回)を想定し、 いざという時に備えて、救急医療を重点的に研修しました。

当時は珍しかったドクターヘリに乗るトレーニングなども受けました。
当時は話題になり、激務の中、地元TV局の密着取材を長時間受けましたが、本番ではすべてカットされてました。

代わりに、
数年後の正月に対馬で韓国船が漂流したときに診療応援に行き、ニュースに一瞬映りました。

さかい胃腸内視鏡内科クリニック 話しを戻すと、
その後、長崎医療センターからの連携で、
長崎県離島医療圏組合・対馬いづはら病院(現・対馬病院)に勤務することになりました。

実際に行ってみると、
「Drコトー」のような場所ではなく、

対馬では一番大きな病院だったため、
ある程度は医師の数もそろっていました、

・・・が、

やはり、
医療ニーズに対して、
実質的な医師不足の状態
でした。

そこでは、
何科の医師であっても、最もニーズが高い内科・小児科診療をするのが前提でした。

当直は『全科当直』といって、
夜の急患は、まずは自分独りで全部診て、
必要と思えば各科の専門医を呼び出すスタイル
でした。

また、
島内で治療困難と判断した重症患者は、
朝の日照時間を待って、自衛隊などのヘリコプターで本土へ搬送するのですが、

ヘリを要請するかどうかも、最終的には自分で判断しなければならず、

その判断が遅れると手遅れになることもあるため、ある意味過酷な状況でした。

「さほど経験のない若手医師がそこまで判断していいのか? 」

と正論を言われる方々もいらっしゃいますが、
それが医師不足の離島・僻地の現実なんですね。

正論派の方々は、
ぜひ一度、離島か僻地に行かれて下さい。

厳しい現実がわかると思います。

また、
少しイメージしにくいかもしれませんが、
たとえ、電話で各科の専門医を呼び出せる体制が整っていても、

ある程度の規模の病院で、夜中に独りで専門外の患者まで診るという行為は、とても恐ろしいものなんです。

その恐怖は若いうちはもちろん、
どんなベテラン医師であっても、

自分の診療能力(自分ひとりで自信をもって解決できる守備範囲)を正確に把握して、

適切なタイミングで、
適切な専門医に自信を持ってお願いができる
ようになるまでは、ずっとあるものなんですね。

逆に、
その怖さを感じない人が医療行為をすると、危険だとも思います。

対馬では、
「1人2役~3役は当たり前」でした。

夜間当直帯の6割以上は小児患者(ほとんど熱発)で、

意外に多いのが足をひねった・打撲したといった整形外科患者や、

皮疹(じんましんなど)・皮膚のできものなどの皮膚科患者
でした。

誰もいないところで、独りで医者をやると、
ほとんど内科患者が来ると思われていますが、
実際は違います

それは各科当直(専門領域の急患のみを診る通常のスタイル)しか経験したことのない医師の、ただのイメージであって、現実は少し違うんですね。

さらに、
対馬では今までに出会ったことのないタイプの医師たちとの出会いがありました。

具体的にいうと、
心臓カテーテル検査(本来は循環器内科)もできる整形外科医、

胃カメラ~大腸カメラ(本来は消化器内科)までこなす小児科医、

本土の消化器内科医よりよっぽど上手におなかの診察をする耳鼻科医や眼科医・・・


といったイメージです。

私も当時の肩書きは内科医でしたが、

実際は、
通常の一般内科業務に加えて、
中耳炎の小児に耳鏡を当て、
切り傷を洗って縫って、
山奥の僻地診療所へ往診する
・・・といった毎日で、

時には麻酔科医がいない緊急手術で全身麻酔をかけたり、手術の助手をしたこともありました。

バタバタと過ぎていく日々でしたが、
対馬では内科・外科・小児科・産婦人科から、
整形外科・脳神経外科・耳鼻科・眼科・皮膚科・精神科・老健施設・僻地診療所・在宅往診診療にいたるまで、

非常に幅広い領域の医療に携わることができました


約3年間という短い期間でしたが、

おそらくは、
通常の医師が経験するであろう数倍の密度で、最も身近な医療である、
プライマリ・ケア(詳細は「診療科目」を参照)を実践しながら学ぶことができました。

そして、
そんなプライマリ・ケアの最前線といわれる離島医療生活の中で、とても驚かされたことがありました。

離島で平然と1人で2役・3役こなしている医師たちは(それだけでもすごいことなのですが)、

それぞれが自分の専門領域をもっており、
その専門領域に関しても、完全なエキスパート達でした。

彼らの多くは、数年間の離島勤務後、
中央で最先端の研修を受け、

専門領域の最先端技術を身につけて、離島に戻り、そこでプライマリ・ケアに加えて、質の高い専門医療を実践していたのです。

そして、
ある時、当時の上司に言われました。

「患者さんというのは、
できれば1人の医者になんでもかんでも、最初から最期まで診てもらいたいと思う・・・

その反面、

自分の悪いところに関しては、その領域の専門医に診てもらいたいと思うものなんだ
と。

それを聞いたときは、
その言葉の矛盾だけが頭に残り、
「正直、そんな無茶を要求されてもなあ・・・」と、思っていましたが、

実際の離島診療の中で、少しずつ、
その言葉の意味が分かりかけていきました。

自分の外来患者さんからも、
「先生にはいつもよく診てもらってるから言いにくいんだけど、心臓の先生への紹介状を・・・」と言われたり・・・とかですね。

つまり、
かかりつけ医には
「自分の専門領域を越えた幅広い知識・技術・経験とともに、

ある一定の専門領域における高い知識・技術・経験も同時に要求される」


ということに気づかされたんですね。

医師になりたての頃は、

地域のかかりつけ医は、専門領域は他の専門医療機関にまかせて、

それ以外の「専門医が診るまでもない領域」だけを診ればいいのでは?

と勝手に勘違いしていましたが、離島医療を通じて行きついた答えは違っていました。

一見矛盾しているように聞こえますが、

「専門を問わず幅広く何でも診れて、さらにこの領域には絶対的な自信がある、という専門領域を持った医師」

というものが、
医師を志した頃からの疑問に対する、
私が行き着いた1つの答えでした。

本土への帰還と専門医療への道

そこで私は、
内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)を含む消化器内科領域を自分の専門領域にすると決めました。

そして、
母校の久留米大学病院へ戻り、内視鏡を中心とした専門領域の研修を行いました。

大学では、同消化器病センター 内視鏡診療部門の鶴田 修教授をはじめ、周囲の諸先輩方にも恵まれ、短期間で大変充実した研修を行うことができました。

その後、
済生会二日市病院に消化器内科医として勤務し、実践・臨床経験を積み、現在に至っています。

開業へ

2015年8月より当院を継承するにあたり、
二日市時代に、基山周辺からの患者さん達から、
「家の近くに胃カメラだけじゃなく、大腸カメラや大腸ポリープをとってくれるところがあると助かる」
といったことをよく耳にしており、

私の専門的な知識・技術・経験が、この地域のみなさまのお役に立てるであろうと考えました。

そして、
内視鏡検査・治療(胃カメラ・大腸カメラ・大腸ポリープ切除)が可能な態勢を整えるため、

クリニックを新築し、設備を整え、
病院名も「さかい胃腸・内視鏡内科クリニック」へ改名
しました。




予想以上に長くなりましたが、

当院の診療理念・診療スタイルは
上記のような経緯・私自身の経験・地域医療に対する考え方が基盤となって作られています


病院名だけみると・・・

「消化器系・胃腸系だけ」、
「胃カメラ・大腸カメラだけ」、

に特化したような、
検査専門病院のようなイメージをもたれるかもしれませんが・・・

当院はそのような専門領域だけをあつかうクリニックではありません!!

あくまで、

年齢・性別を問わず、
身近で簡単な健康相談~専門的治療まで、
幅広い健康問題に対応できる『かかりつけ医』として、

新たな地域医療の形
敷居の高くない専門施設のイメージ
を示し、


この地域のみなさまを含めた、
当院に関わるすべての方々の人生を豊かにしていきたいと考えています。

さかい胃腸・内視鏡内科クリニック 「ホームページを見て」とお気軽にお電話ください。

0942-92-1121

診察時間