血便

血便とは

便に血液が混じっている状態で、消化管(口・のど~食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門まで)のどこかから出血しています。目で見て便に血液が混じっていることがはっきりとわかるものもありますが、肉眼では確認できないほど微量な血液が混ざったものや、排便後に拭いた紙に血液が付着したといった場合も血便です。血便という症状は大腸ガンや前ガン病変の大腸ポリープ、難病指定された潰瘍性大腸炎やクローン病などで起こっていることも考えられます。どこから出血しているのかを大腸カメラで確認し、原因疾患を調べて適切な治療にできるだけ早くつなげることが重要です。

血便の種類

血便は「色」により出血箇所が推測可能です。

※表は左右にスクロールできます

鮮血便 赤い血液が便に付着していることが肉眼で確認できます。
便器や拭いた紙に鮮やかに赤い血液が付着している場合も鮮血便です。
肛門や直腸・S状結腸など、肛門出口に近い部分から出血している可能性が高い状態です。
暗赤色便 レンガ色など暗めの赤みを感じる色の便です。
血液が大腸を通過する程度の経過時間で古くなった色です。
盲腸など大腸の奥で出血を起こしている可能性があります。
粘血便 血液やゼリー状の粘液が付着している血便です。
ウイルスや細菌の感染、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性慢性疾患などが疑われます。
黒色便 黒くてドロっとしたタール状の便(海苔の佃煮みたいな感じ)です。
出口から遠い胃や十二指腸で出血しているケースが多く、胃ガンがん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの可能性があります。
大量に出血している可能性もあるため、早急な胃カメラが必要です。
胃カメラ時に止血処置も可能です。

血便から考えられる疾患

など

検査方法

直腸診

麻酔の医療用ゼリーをたっぷり塗って肛門や直腸の状態を調べます。腫瘍や痔核などの有無、付着した血液の有無や量、色などを確認します。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

タール便などがあって、食道・胃・十二指腸からの出血が疑われる場合、胃ガン・炎症や・潰瘍の有無や状態を確認するために胃カメラを行います。必要があれば、その場で止血処置を行うこともあります。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸全域の粘膜を隅々まで観察できる検査です。微細な大腸ガンや前ガン病変である大腸ポリープの発見も可能で、大腸ポリープは発見したその場で切除できます。また、数多くの大腸疾患にはそれぞれ特有の病変がありますので、観察や組織採取による生検で確定診断が可能になります。感染性腸炎の可能性がある場合も、採取した組織で細菌培養検査が可能です。当院では軽い鎮静剤を使ってウトウトしている間の無痛内視鏡検査を行っています。

血便の対処法

血便は痔などの良性疾患で起こることもありますが、大腸ガンや難病指定されていて早急に適切な治療が必要な病気でもよく起こる症状です。肉眼でわかる血便がある場合や、健康診断で受けた便潜血検査で陽性が指摘された場合には早めに当院までご相談ください。特に、吐き気や嘔吐、腹痛、発熱など血便以外の症状がある場合には、できるだけ早い受診をお勧めしています。

血便の予防

血便は、いくつかの重大ない病気の症状として現れるケースが多いため、そうした病気の予防や早期発見が血便予防につながります。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌除菌※保険適用外黒くてドロっとしたタール便は、主に胃や十二指腸などの潰瘍による出血で起こります。潰瘍は粘膜が深く傷付いている状態で、大量に出血(胃・十二指腸は血流が豊富なため、大腸からの出血よりも急速に大量出血し、出血性ショックをきたすこともあります)する場合があります。ピロリ菌に感染していると胃や十二指腸の粘膜に慢性的な炎症を起こして潰瘍化することがあって、治しても再発を繰り返し起こすことがあります。ピロリ菌の除菌治療が成功すると炎症や潰瘍の再発を防止できます。また炎症が進行して萎縮性胃炎になると胃ガンリスクが上昇してしまうため、萎縮性胃炎への進行を止めるためにもピロリ菌除菌は重要です。除菌治療は失敗することもあり、初回治療の成功率は90%程度です。失敗した場合には2回目の除菌治療が可能で、その際には薬剤を変更して行います。1回目と2回目を合わせた成功率は99%程度です。

便秘の治療

便秘は排便の際に強くいきまないと出ないことが多く、いぼ痔の発症リスクが高くなります。内痔核は排便の際に大出血を起こすことがあり、鮮血便などの原因にもなっています。また、硬く太い便を無理に出そうとして切れ痔になって、拭いた紙などに血液が付着することもよくあります。切れ痔は便秘があると再発しやすく、何度も同じ部分が傷付くと慢性化して肛門が狭窄し、ますます悪化してしまいます。便秘は多くの大腸疾患でも見られる症状のため、便秘の解消はとても重要です。当院では原因ごとに合わせた治療を行うことで便秘の解消と再発防止につなげています。お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

定期検診を受けましょう

血便は消化管のどこかから出血を起こしているということです。痔などの良性疾患によるものである場合も多いのですが、胃ガンや大腸ガンなど早期に発見と治療が重要な悪性疾患の症状として起こっている場合もあります。他にも適切な治療をできるだけ早く行うことが重要な病気で血便を起こすものはいくつもあります。 胃ガンや大腸ガンをはじめとした重大な病気を早期に発見して、生活やお仕事に支障なく治すためには、症状のないうちから定期的に受ける内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)が不可欠です。
胃カメラであれば、粘膜の状態や微小な胃ガンなど病変の発見に加え、ピロリ菌感染の有無も調べ、除菌治療を行うことで将来的な発ガンを予防することができます。また大腸カメラでは、症状がない段階の微細な早期大腸ガンや大腸ポリープを発見でき、ポリープは発見したその場で切除することにより、将来の大腸ガン予防にもつながります。内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)は組織を採取して病理検査を行うことで、幅広い疾患の確定診断と適切な治療が可能になります。特に早期胃ガン、早期大腸ガンの発見・治療・予防にまで直接的に有効なのは内視鏡検査だけです。どちらもかなり進行するまではっきりとした自覚症状が現れることが少なく、進行させてしまうと大変な治療が必要になってしまう病気ですので、早期発見・発ガン予防は健康寿命やQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るためにも重要です。発ガン予防・症状が出る前の早期発見・治療のために、定期的な内視鏡検査をお勧めします。

一番上に戻る
求人募集 24時間WEB予約 事前WEB問診
一番上に戻る
WEBチャット問診外来・内視鏡WEB予約