胃ガン・大腸ガンの早期発見法・原因除去(予防)

前回までのお話で、

胃ガン・大腸ガンは
早期発見できれば、
その死亡率は意外に低い

先に原因(ピロリ菌・大腸ポリープ)をつぶせば予防につながる

というところまででしたので、
その具体的な方法をお話します。

①早期発見法
■胃ガン
さまざまな検査のうち、
現在、最も有効なのは・・・

『胃カメラ』:上部消化管内視鏡検査です!!

昔から胃ガン検診といえば・・・
バリウム(白いドロドロした液体)を飲んでの「胃透視」でしたが、

カメラ性能・技術の向上により、
現在では胃カメラに分があります。

胃カメラ検査

さらに胃カメラでは、
ガンを直接見て確認でき、

同時に、
組織を採取
できるため(「生検:せいけん」といいますが、これが最大の利点!

それで、ほぼ診断がつきます

胃透視では二次的な影を見て、
病変を想像するしかなく、
組織採取もできないため、

ガンが疑われれば、
確定診断のために、

結局、
胃カメラをしなければなりません

kenkoushindan_ikamera

■大腸ガン
最も有効で、効率がよいのは・・・

こちらも・・・
『大腸カメラ』下部消化管内視鏡検査です!!

 

「えー!?」
「胃も大腸もカメラ(内視鏡)?」
「どっちもキツいのに・・・」
「他にもっとラクでいいやつないの?・・・」

・・・と言いたいお気持ちはよくわかります。。

・・・が、

私、個人的にも
カメラ(内視鏡)をお勧め致します!

患者さんに限らず、
家族や、友人に相談された場合も、

必ず、胃カメラ・大腸カメラをお勧めしています。

medical_daichou_naishikyou

別にカメラのファンだから推しているわけではありませんよ(笑)

ちゃんと、理由があるのです!!

私がカメラを推す理由、

それは・・・

カメラが

早期発見に最も有効なだけではなく・・・、
その予防にも直結するからです!!!

つまり、
ガンをさがした結果、
たとえガンがなくても、

将来的なガンの原因である
ピロリ菌・大腸ポリープをみつけ、
治療することができるのです!

★早期発見・早期治療だけでなく、予防にもつながる。

ここが重要です!!!

ですから、
最も有効、かつ、
効率がいい
んですね。

だから、推すのです!

 

②原因除去(予防)
まず、その原因を調べる方法はいくつかあります。

たとえば、
ピロリ菌
胃カメラ時に胃の組織を一部採取(迅速検査)

・検査薬を飲んで、吐く息で検査
(尿素呼気試験)

大腸ポリープ
・大腸カメラ

・おしりからバリウムを入れる(注腸検査):胃透視の大腸版

 

そして、その治療は・・・

■ピロリ菌
3種の薬を1週間飲むだけ
(除菌療法)
※ただし、胃カメラをしていなければ保険診療できない
(高額な自費診療になる)

■大腸ポリープ
基本的には大腸カメラで切除
(大腸EMR・ポリペクトミー)

 

つまり・・・
胃カメラでピロリ菌を調べて、菌がいれば、保険診療で除菌治療する

大腸カメラでポリープがあれば、切除して治療する
(通常、数日間の入院ですが、
当院では日帰り治療が可能)。

 

ここまでのお話で、
おわかり頂けたでしょうか?

 つまり、
胃・大腸カメラでは、
検査・予防がセットなっているんです!!

 さらには、
早期大腸ガンなら、
治療まで含めた3点セットにもなるんです!!!

 

これが、
一般的にも、個人的にも
胃ガン・大腸ガンの
早期発見対策において、

胃・大腸カメラが推奨される
最大の理由
です。

 

というわけで、当院では・・・

■胃カメラ:ピロリ菌の除菌治療
■大腸カメラ:大腸ポリープの日帰り切除
  (検査と同時にその場で治療)

を推奨しています!!!

次回は胃ガン・大腸ガンの症状についてです。

ご興味のある方は、
<胃・大腸がんシリーズ>
死亡率 原因(成因) 
症状① 症状② 
治療① 治療② 治療③

もご参照下さい。

★まずはご自身の健康に関心をもち、簡単な検査からでいいので、検査を受けましょう!!

当院は
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
専門施設です。

経験豊富なスタッフ
内視鏡専門医、内視鏡専門技師
と、
最新の医療機器・設備を整えて、
あなたをお待ちしています!

doctors_people

※詳細はコチラをご参照ください
 ⇒ 当院ホームページ
カテゴリー: お知らせ, 胃ガン・大腸ガンの発見と予防 パーマリンク