胃ガン・大腸ガンの原因(成因)

ここでは前回に続き、
胃・大腸ガンの原因(成因)
について、ご説明します。

いまだ未発見の遺伝子はさておき、
いくつかのガンにおいて、
確実に発癌に関連しているとわかっているものがあります。

それは・・・

■胃ガン:ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)
■大腸ガン:大腸ポリープ(大腸腺腫)

の2つです!!

詳細は当院ホームページ内にも記載(コチラ)していますが、
それぞれについて、簡単にご説明いたします。

①ヘリコバクター・ピロリ菌

ピロリ1

最近、有名になりつつありますが・・・、
胃の中に住む細菌で、胃炎(萎縮性胃炎)を起こします。

そして、
その萎縮性胃炎の粘膜からガンが発生することがわかっています。

学会の統計によると、

日本人の半数以上
がピロリ菌に感染しており・・・・

胃ガン患者の9割以上にピロリ菌がいるといわれています。

つまり、ピロリ菌が関連しない胃ガンは1割以下ということになります。

 

★ということは・・・

ピロリ菌がいるかどうか調べて、
胃ガンが出る前に消してしまえば・・・

(※詳細はコチラ ⇒ ピロリ菌

 

②大腸ポリープ(大腸腺腫)

0073_040207321129_20140421162103_340881a5

こちらは、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、

その名の通り、
大腸の粘膜(内側の最表面)にできた「できもの」です。

イメージ的には、大腸の「イボ」みたいな感じですが、

もりあがったもの(隆起)から、へこんだもの(陥凹)まで、形はさまざまです。

ポリープの中には、ガン化しないものもありますが、

最もよく見られる「腺腫」というポリープはガンの原因になることがわかっています

ガンの「芽」、もしくは、
ガンの「素(もと)」みたいなものです。

★ということは・・・

大腸ポリープがあるかどうか調べて、
ガンになる前にとってしまえば・・・

ということになります。

(※詳細はコチラ
⇒ 大腸ポリープ 治療

 

つまり・・・

 

胃ガン・大腸ガンの
原因となるものがわかっているなら、

ガンになる前にそれらを取り除いてやれば、

ガンになるのを防げる、
その確率を減らせる
・・・という、

ある種の、予防医学的な考えに行き着くわけです。

具体的な方法(どうやって調べて、取り除くか)は、次回お話します。

ご興味のある方は、
<胃・大腸がんシリーズ>
死亡率 早期発見・予防 
症状① 症状② 
治療① 治療② 治療③

もご参照下さい。

★まずはご自身の健康に関心をもち、簡単な検査からでいいので、検査を受けましょう!!

当院は
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
専門施設です。

経験豊富なスタッフ
内視鏡専門医、内視鏡専門技師
と、
最新の医療機器・設備を整えて、
あなたをお待ちしています!

doctors_people

※詳細はコチラをご参照ください
 ⇒ 当院ホームページ
カテゴリー: お知らせ, 胃ガン・大腸ガンの原因 パーマリンク