胃癌・大腸癌は死なないガン?(胃癌、大腸癌の死亡率)

当院で取り扱う疾患のなかでも、
みなさんの関心が最も高いと思われる
胃・大腸癌(ガン・がん)について、
お話ししていきます。
0-73

ガンにもいろいろございます。
ガンはからだの中のあらゆるところにできます。

内臓はもちろん、
皮膚にも、骨にも、眼や鼻にも、口のなかにだってできます。

ガンといえば

・みんな、どこかのガンで死ぬ・・・
・ガンの宣告 = 死の宣告
・つらい治療に耐えながら、
だんだんやつれて、ついには・・・

といったイメージが強いかと思います。

しかし、
ここであえて、言わせて頂きます。

『胃ガン・大腸ガンは
死なないガンです!!』

「そんなことはありえない!」
「知り合いは、家族は、
芸能人の○○は・・・
胃ガンで、大腸ガンで亡くなったぞ!!」

といった声が今にも聞こえてきそうですが・・・

しかし、
実際の医療現場では、そうなのです

ただし、
ひとつだけ・・・ある条件を満たす必要があります。

 

それは・・・

 『早期発見できれば・・・』

という条件です!!

「あと出しジャンケン」のようで、
「あたりまえだろ!」と
思われる方も多いかもしれませんが・・・

実はそうでもないのです。

なぜなら、ガンの中には

「早期発見がほとんどできない」
「みつけても、有効な治療がない」

といったガンも数多くあるからです。

たとえば、悪名高い「膵臓ガン」などがその典型です。
見つかったときには、すでに・・・というパターンが多いです。

 

それらに比べて胃ガン・大腸ガンは
その頻度が高いわりには

■原因(成因)
■早期発見法
■治療法・予防法

が確立されている数少ないガンです。

もちろん、
何にでも例外があるように、
胃ガンの中にも性質(たち)の悪い
おそろしいガンもあります(今後、説明予定ですが、「スキルス胃癌」というやつです)。

 

ですが、もう一度いいます。

 

★『早期発見できれば、
胃ガン・大腸ガンは死なないガンです!!』

 

当院では主に、消化器系(胃・大腸・食道・肝臓・膵臓・・・)の疾患を扱いますが、

とりわけ、

胃ガン・大腸ガンの早期発見に力を入れています

 

なぜなら、

胃ガン・大腸ガンは、
きちんとした検査を受ければ、高率に早期発見することが可能であり、

かつ、

早期発見できれば治療もほぼ確立されているからです。

さらには、
その原因(成因)もはっきりしているため、


そこからアプローチすれば、
発ガン率をグッと下げて、予防することも可能
なんです。

 

早期発見できれば、手術をする必要もありません。

いまや、早期の胃ガン・大腸ガンの多くは、内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)で完全に治療できる時代です。

 

最後に、
胃ガン・大腸ガンの早期発見できたものと、そうでなかったものの内視鏡画像を少し紹介します。

0045_040207321129_20150115155005_34098e28

早期大腸ガン(内視鏡的治療が可能)

0012_040207321156_20140630134515_3308ba4a

進行大腸ガン(手術が必要)

0041_040207474685_20141029114633_330e1904

早期胃ガン(内視鏡的治療が可能)

0091_040207321156_20131021111440_3307c9f0

進行胃ガン(手術が必要)

ご興味のある方は、
<胃・大腸がんシリーズ>
成因・原因 早期発見・予防 
症状① 症状② 
治療① 治療② 治療③

もご参照下さい。

★まずはご自身の健康に関心をもち、簡単な検査からでいいので、検査を受けましょう!!

 

当院は
内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)
専門施設です。

経験豊富なスタッフ
内視鏡専門医、内視鏡専門技師
と、
最新の医療機器・設備を整えて、
あなたをお待ちしています!

doctors_people

※詳細はコチラをご参照ください
 ⇒ 当院ホームページ

 

 

カテゴリー: お知らせ, 胃ガン・大腸ガン パーマリンク